ネット銀行 ネットバンク 口座開設 比較

新生銀行

新生銀行

新生銀行の前身は、あなたもご存知かと思いますが、日本長期信用銀行です。新生銀行としてまさしく新しく生まれ変わって10余年が経ちました!

 

新生銀行の特徴は、何と言っても、口座開設者の預金や投資信託商品の利用や取引状況に応じた、「新生スタンダード」「新生ゴールド」「新生プラチナ」の3つのステージがあることです。取引が増えるほど、よりお得になるサービスが利用できます。

 

例えば、以下の表で掲示しました他行宛ての振込手数料や円定期預金の金利優遇、外貨為替手数料優遇、住宅ローン優遇などその他にもたくさんサービスを用意しています♪

 

また、都市銀行のATMを利用しても手数料は一切かかりません!その手数料を新生銀行が負担してくれるから無料になるんです!凄い太っ腹だと思いませんか!?

 

私なんかATMを良く利用しますから、大変お得感を感じますけどね♪

 

キャッシュカードは32色から、あなたのお好きな色を選ぶことができます♪
そんなにあると迷っちゃいますけどね!私はロイヤルグレーにするかクリスマスホワイトにするか迷いましたが、結局クリスマスホワイトにしました^^

 

口座開設の申請の書類を郵送して申請が通ると、仮の暗証番号の通知(キャッシュカードとは別便)とキャッシュカードが郵送されてくるのですが、セキュリティー・カードがキャッシュカードに同封されていて今までのネット銀行より新生銀行のセキュリティー向上の工夫がされています!

 

そのセキュリティーカードは、A〜J×0〜4の乱数表1〜9とアルファベットを混在して3ヵ所入力を使用していますから、かなりセキュリティーが高いです。他のネット銀行は、A〜F×1〜4の乱数表で01〜99の二桁の数字を2カ所入力を使用していますよね♪
他の銀行もそれはそれで、かなりセキュリティーの高いものになっていますが・・・!

 

また、ログインすると、管理画面がもうシンプルで使い勝手が良いですよ〜^^
その上、「新生お取引レポートホルダー」やA4冊子の「スタートガイド」が郵送されてきて、かなり親切丁寧なサービスを展開していますね♪

 

ちょっとこれは、私の中のネット銀行No.1の住信SBIネット銀行と双璧のネット銀行になりそうですね〜^^
これからいろいろと使い勝手を試してみます♪

 

※個人で利用の場合

ネットでの振込み 新生スタンダード他行宛 新生ゴールド他行宛 新生プラチナ他行宛
振込み手数料 300円(月1回無料) 200円(月5回無料) 100円(月10回無料)

同行宛て振込手数料は無料
他行宛振込手数料無料回数は新生パワーダイレクトと新生モバイルバンキングの合算で計算

ATM利用手数料 新生スタンダード 新生ゴールド 新生プラチナ
入出金(いつでも) 無料 無料 無料

セブン銀行・全国都市銀行・ゆうちょ銀行などで利用可
都市銀行等の提携先ATMから引き出した場合、ATMから出力されるレシートにはATM手数料の金額が印字されます。しかし、このATM手数料は新生銀行が負担しますので、口座(円普通預金)から引き落とされることはありません!
ATMで現金による振込はできません

 

セブン銀行口座開設